プロミス申込み.page

\プロミスでお金借りるなら/

トップページ

「今すぐプロミスで借りたい!」
「最短でお金を引き出したい!」
「知り合いにバレずに借りたい!」

・・・初めてのキャッシングならば不安や疑問がたくさんありますよね?

当サイト【プロミス申込み.page】では、プロミスで今すぐお金を借りる方法について詳しくご紹介していきます。

まず最初に、結論からお伝えすると、プロミスで一番早くお金を借りるなら、事前にスマホから
ネット申込するのがおすすめです。

それでは、以下でやり方の手順と流れをご紹介します。

プロミス3ステップ
最短借入の流れとは?

①まずスマホからネット申し込み

プロミスなら、24時間365日いつでも受付中なので、まずはネットからお申し込みしましょう。

②最短30分で審査回答

プロミスなら審査時間も早く、最短30分で審査の回答が出ます。

審査完了後、契約可能額が決定されてメールや電話など指定していた連絡先にプロミスから連絡が来ます。

③最短10秒でお振込み

ネットでの契約も可能で、審査通過後に、振込での融資が可能になります。

※三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。

\最短即日融資OK/
【プロミス申込み.page】

はじめてなら30日間金利0円
限度額実質年率審査時間
500万円まで4.5%~17.8%最短30分
  • 社会なら30日間無利息!
  • カードレスで誰にもバレない!
  • スマホやパソコンで24時間申込OK!

【はじめてなら30日無利息!】
お得に借りたい人に!プロミスが初めての方なら30日間利息0円で借り入れができますよ。

【郵送物なしカードレス!】
郵送物なしだから利用明細書が家に届いて家族に見られてバレた・・・という失敗がありません!ネットで申込して口座振替による返済を選択すればOKです。

【スマホ申込で超早い!】
スマホやパソコンなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。ネットなら最短1時間融資も可能なのが嬉しいですね。

【プロミス申込み.page】まとめ

プロミスでお金を借りる方法についてご紹介してまいりました。

「できれば急ぎで借りたい!」
「でも誰にもバレたくない!」

という気持ち、やっぱりありますよね?

プロミスは、キャッシング会社としての信頼性はもちろん、迅速な振り込み対応とコンビニなど便利な提携ATMが便利で使いやすいというのが最大の魅力です。

スマホからのネット申込が審査時間も早く、家族や職場、知り合いにもバレにくいので、一番おすすめです。

プロミスQ&A

「審査甘い?落ちないか不安・・」
「自動契約機使い方わからない!」
「絶対誰にもバレたくない!!」

・・・キャッシングが初めての方は不安や疑問がたくさんあるのではないでしょうか?こちらではプロミスで借りる前によくある質問と答えをご紹介しております。不安を取り除いてから申し込みしましょう!

Q.プロミスの審査時間はどのくらいですか?

A.最短30分です。

プロミスでの審査時間は最短30分で審査回答をしています。ただ、申し込みした時間や審査の内容によって審査時間は異なります。

Q.自動契約機で何ができますか?また契約機での申込にかかる時間はどのくらいですか?

A.申込から契約・カード発行まで全てできます。

プロミス自動契約機では画面案内に従って契約や契約内容の変更、カード発行などの手続きができます。中から施錠もできるので安心ですしやり方がわからないときは備え付けの電話で案内してもらう事も可能です。また、自動契約機での融資時間ですが、約30~40分程度で完了する事が多いようです。事前にネット申し込みしておくと時間が短縮できるのでおすすめですよ。

Q.プロミスで借りるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です。

プロミスで借りるための必要書類ですが、本人確認書類(運転免許証など)と必要ならば収入証明書(給料明細書など)をご用意ください。(※免許を持っていない方は「個人番号カード(個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して ご提出いただきますようお願いいたします。)」や「健康保険証+1点(例:住民票)」等)ただし、50万円以上超える場合又は、他社を含めた借入総額が100万を超えた場合は収入証明書が必要となります。

Q.プロミスの審査厳しいですか。どんな人が落ちるのでしょうか?

A.審査に落ちるのは無職や収入がない方です。

プロミスの審査に落ちた人の特徴ですが、まず「無職」や「専業主婦」の方は安定した収入がありませんので、審査に通らないでしょう。

その他にも、過去に金融事故を起こしていたり、他社借入の金額や他社借入件数があまりにも多い人は、審査に落ちる可能性が高いといえます。

【プロミス申込み.page】コラム

お金が無く、誰か、もしくはどこかの会社から借りようと思い立った時、その人が借りたお金を返せる人なのかの判断のためだけにでも、収入の如何を問うと思われますが、その保証が不要と言うのは、あり得ないほど無謀なことだと誰でも考えるはずですが、こんな時代ですから、借りる金額がさほど多くない限り、職場の如何や収入の状況など、何も問われないことが、常態化しており、借金の門戸が広げられてきています。

数百万円と言うのが、実際の小額の相場らしく、普通の会社員や公務員などには簡単に返すことの出来ないような結構な金額です。

ということで、そこそこの金額から数百万円ぐらいまでの金額の借金なら、いつでも何の収入保証も必要なく出来、余分な手間が省けるようになったのです。

お金を借りる苦労は並大抵ではないので、このようなシステムは大歓迎です。

若い人は知らないかもしれませんが、2006年、2010年に貸金に関する法律が改正され、キャッシングの利率は20%から18%に制限され、それに合わせて業界全体の金利が下がったことがあります。

しかし実情としては、最大18%の金利が利息制限法で認められているのに、出資法では29.2%までなら(※登録事業者に限る)、貸付ができるという状態でした。

一見して矛盾しているようですが、きちんと登録されていれば合法なのです。

この18~29.2%がグレーゾーン金利と呼ばれています。

電車の車内広告やCMで「過払い金請求」を見かけたことはありませんか。

あれは、利用者が払い過ぎた金利部分を返金してもらうものです。

専門知識が必要なため、手続きは弁護士を通じて行われます。

プロミスのキャッシングサービスには、24時間OKなネットに相談もできる電話や店頭窓口、さらにATMなどからお申し込み可能ととても利用しやすくなっています。

また三井住友銀行かジャパンネット銀行などに口座があれば、キャッシング申し込みの受付が完了してからなんとものの10秒ほどしかかからず、しかも手数料のいらない迅速な振込キャッシングを利用することで、より活用の幅が広がると思います。

女性専用ダイヤルや無利息期間などの充実したサービスも、多くの人を引き付けるプロミスならではです。

借金には審査というものがあり、それをクリアしないと借金する事はかないません。

それぞれの会社によって審査の仕方は異なるので一概にどのような事に神経を使えばパスしやすいとは言えませんが、収入が大きく関係しています。

キャッシングには便利な部分も多いですが、返済が遅れるようなことがあれば財産を差し押さえられることもあるため、要注意です。

差し押さえられるのは銀行の預金口座や勤め先の給与ですが、給料の場合は最大その4分の1までが差し押さえ対象になります。

あなたが年金生活者の場合、問題はさらに深刻で、年金が振り込まれる口座が差し押さえられてしまうと、そのまま年金の全額を押さえられてしまうこともあるのです。

そのような状況に直面しないためにも、くれぐれもキャッシングは計画的に利用するようにしてください。


プロミスお役立ち情報

\プロミスならすぐ借りれる/
【プロミス申込み.page】

今すぐお金借りるなら↓

583998.gif