プロミス申込み.page

\プロミスでお金借りるなら/

トップページ

「今すぐプロミスで借りたい!」
「最短でお金を引き出したい!」
「知り合いにバレずに借りたい!」

・・・初めてのキャッシングならば不安や疑問がたくさんありますよね?

当サイト【プロミス申込み.page】では、プロミスで今すぐお金を借りる方法について詳しくご紹介していきます。

まず最初に、結論からお伝えすると、プロミスで一番早くお金を借りるなら、事前にスマホから
ネット申込するのがおすすめです。

それでは、以下でやり方の手順と流れをご紹介します。

プロミス3ステップ
最短借入の流れとは?

①まずスマホからネット申し込み

プロミスなら、24時間365日いつでも受付中なので、まずはネットからお申し込みしましょう。

②最短30分で審査回答

プロミスなら審査時間も早く、最短30分で審査の回答が出ます。

審査完了後、契約可能額が決定されてメールや電話など指定していた連絡先にプロミスから連絡が来ます。

③最短10秒でお振込み

ネットでの契約も可能で、審査通過後に、振込での融資が可能になります。

※三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。

\最短即日融資OK/
【プロミス申込み.page】

はじめてなら30日間金利0円
限度額実質年率審査時間
500万円まで4.5%~17.8%最短30分
  • 社会なら30日間無利息!
  • カードレスで誰にもバレない!
  • スマホやパソコンで24時間申込OK!

【はじめてなら30日無利息!】
お得に借りたい人に!プロミスが初めての方なら30日間利息0円で借り入れができますよ。

【郵送物なしカードレス!】
郵送物なしだから利用明細書が家に届いて家族に見られてバレた・・・という失敗がありません!ネットで申込して口座振替による返済を選択すればOKです。

【スマホ申込で超早い!】
スマホやパソコンなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。ネットなら最短1時間融資も可能なのが嬉しいですね。

【プロミス申込み.page】まとめ

プロミスでお金を借りる方法についてご紹介してまいりました。

「できれば急ぎで借りたい!」
「でも誰にもバレたくない!」

という気持ち、やっぱりありますよね?

プロミスは、キャッシング会社としての信頼性はもちろん、迅速な振り込み対応とコンビニなど便利な提携ATMが便利で使いやすいというのが最大の魅力です。

スマホからのネット申込が審査時間も早く、家族や職場、知り合いにもバレにくいので、一番おすすめです。

プロミスQ&A

「審査甘い?落ちないか不安・・」
「自動契約機使い方わからない!」
「絶対誰にもバレたくない!!」

・・・キャッシングが初めての方は不安や疑問がたくさんあるのではないでしょうか?こちらではプロミスで借りる前によくある質問と答えをご紹介しております。不安を取り除いてから申し込みしましょう!

Q.プロミスの審査時間はどのくらいですか?

A.最短30分です。

プロミスでの審査時間は最短30分で審査回答をしています。ただ、申し込みした時間や審査の内容によって審査時間は異なります。

Q.自動契約機で何ができますか?また契約機での申込にかかる時間はどのくらいですか?

A.申込から契約・カード発行まで全てできます。

プロミス自動契約機では画面案内に従って契約や契約内容の変更、カード発行などの手続きができます。中から施錠もできるので安心ですしやり方がわからないときは備え付けの電話で案内してもらう事も可能です。また、自動契約機での融資時間ですが、約30~40分程度で完了する事が多いようです。事前にネット申し込みしておくと時間が短縮できるのでおすすめですよ。

Q.プロミスで借りるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です。

プロミスで借りるための必要書類ですが、本人確認書類(運転免許証など)と必要ならば収入証明書(給料明細書など)をご用意ください。(※免許を持っていない方は「個人番号カード(個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して ご提出いただきますようお願いいたします。)」や「健康保険証+1点(例:住民票)」等)ただし、50万円以上超える場合又は、他社を含めた借入総額が100万を超えた場合は収入証明書が必要となります。

Q.プロミスの審査厳しいですか。どんな人が落ちるのでしょうか?

A.審査に落ちるのは無職や収入がない方です。

プロミスの審査に落ちた人の特徴ですが、まず「無職」や「専業主婦」の方は安定した収入がありませんので、審査に通らないでしょう。

その他にも、過去に金融事故を起こしていたり、他社借入の金額や他社借入件数があまりにも多い人は、審査に落ちる可能性が高いといえます。

【プロミス申込み.page】コラム

時々、キャッシングはどこがお薦めなのと訊かれることがありますが、堅実さが光る銀行系が良いでしょう。

(実はアコムやレイクALSAとかも銀行系です)他と比べて低い利率や、多いところで800万円もの融資枠があることもユーザーにとっては嬉しいところでしょう。

市民から評価される銀行が後ろにあるということは、安心感も絶大ですよね。

ただ、条件によっては審査に時間がかかることもあるので、覚悟して手近で申し込むか、あるいは少しでも基準のゆるいところを狙うのがコツです。

煩わしいこともなく借金を返済できる利用しやすい返済手段といえば、コンビニ返済です。

返済する時間を気にすることなくコンビニに行くだけで返済できるので、忘れにくいです。

誰もがよく立ち寄るであろうコンビニは、私の場合だと、仕事の合間や買い物の後などに寄ります。

借りたお金を返しているということが側に人がいてもわかりにくいこともコンビニ返済の便利なところです。

カードローンの借入を行えるのは成人を迎えてからですが、それの上限は、大手消費者金融であれば一律69歳、大半の銀行では65歳までとされています。

この年齢は申込んだ時の年齢であり、更新審査の時に自動的に年齢も更新され、年齢が上限を超えたときにそこで契約は解除されます。

信販会社などの契約更新は基本5年で、銀行は1年おきに更新されます。

いまどきの借金は迅速性が売りです。

スマホやPCで申し込めば全国の銀行ATM(コンビニもOK)で、スムーズかつスピーディーにお金が借りられるようになっています。

ただ、これが良い結果になるか、悪い結果になるかは、使う人間の自制心や、金銭のバランス感覚が不可欠でしょう。

でないと知らない間に返済が膨らみ、苦しくなってしまうでしょう。

銀行の融資窓口や消費者金融の店舗ではこちらの考えが漠然としていても向こうで整理してくれますから、より良い決定ができるかもしれませんが、同様のことが機械と向き合うだけでできるかどうかわかりません。

自分はどんな人間なのだろうと考えると、有人契約も良いのかもしれませんね。

時間のない中だとしても、カードローンの申込の前には、慎重に比較するようにしてください。

銀行か消費者金融がカードローンの申込先としては挙げられますが、低い金利で利用できるのは銀行です。

ところが、一方では、審査通過のしやすさは、消費者金融の半分といわれています。

加えて、消費者金融の場合には、問題がなければ、短時間で借り入れ可能なので、どちらも良い点、悪い点があると言えます。


プロミスお役立ち情報

\プロミスならすぐ借りれる/
【プロミス申込み.page】

今すぐお金借りるなら↓

583998.gif